屋外広告

屋外看板・サイン

企業や店舗の巨大な名刺として。一度の設置で長期間有効。

↓

看板やドアサインは基本的に移動することがなく、一度設置されると不特定多数の消費者の目に触れながら、長期に渡っての広告・宣伝効果が期待できます。安心感を与える看板やドアサインとすることで、その企業や店舗のイメージを植え付けることができるでしょう 。

・壁面、屋上看板
・袖看板・突き出し看板
・自立サイン
・スタンド看板

ファイターズビジョン

多彩な情報を盛り込め、様々なプロモーションに合わせた展開が可能

↓

大勢の人が行き交う繁華街や交差点、待ち合わせ場所などホットスポット周辺の建物壁面などに設置されている街頭ビジョンで多彩な情報を不特定多数の消費者に発信し、彼らの注目を集め、興味関心を強く引き出すことができ、商品やブランドの認知拡大に繋げることができます。

札幌市内主要な屋外ビジョンは下記の通りです。

 

ファイターズビジョン
1日20万人が通行する札幌駅南口・駅前通交差点に設置された大型ビジョン!
札幌駅前唯一の広告ビジョン媒体として、ニュースやタウン情報はもちろん、テレビCMやオリジナルVTRを放映でき、効果的に商品・サービスをアピールできます。札幌の玄関口を行き来する人々の関心を強く集めます。
2017年3月より、北海道日本ハムファイターズ主催試合の全試合を生放送するビジョンとして注目度アップしました!

札幌ピラービジョン:札幌駅および札幌駅前通地下歩行空間
エキサイトビジョン:札幌駅JRタワー1階
札幌スノービジョン:地下鉄南北線大通駅のコンコース
SABRO.TV:札幌市中央区南4条西4丁目
すすきのビジョン:「すすきのエリア」南5条交差点
メガ・ビジョン4プラ:札幌市中央区南1条西4丁目
HILOSHI:地下鉄大通駅改南札口前
狸ビジョン:狸小路1丁目~6丁目
IEYASUパークビジョン:中島公園
サッポロファクトリー・アトリウムビジョン:札幌市中央区北2条東4丁目サッポロファクトリー・アトリウム内

交通広告

駅で、車内で見かける“気になる”存在。
地下鉄車両まるごと広告など話題性抜群!

↓

通勤路・通学路などで交通機関を利用するお客様に向けて継続的に宣伝することができます。札幌の場合、JR北海道、市営地下鉄、市電、各社バスで広告掲出が可能です。
近年、家庭の外で接触が可能なOOH(アウト・オブ・ホーム)メディア(媒体)として脚光を浴びており、スマホを組み合わせた広告展開などが人気です。

【交通機関】
JR北海道、札幌市営地下鉄、市電、北海道中央バス、JR北海道バス、じょうてつバス、北都交通、各種タクシー

【駅構内】
アドピラー、フロア広告、自動改札ステッカー、サインボード、パンフレットケース、ショーケース

【電車バス媒体】
中吊り・額面ポスター、ステッカー、車体広告、Aライナー

<その他>
駅のコンコースを使用したイベントなど。

札幌駅前通地下歩行空間

札幌駅前通地下歩行空間は毎日5~8万人の通行者に商品やサービスを効果的な訴求が期待できます。また、地下広場では、各種イベント、展示会、パフォーマンスの他、販促や商品PRなどの商業プロモーションも展開可能です。

↓

壁面広告
インパクトのある商品・サービスの訴求に効果が期待されます。

サイネージ広告
北大通交差点広場(46インチ4面マルチ 東西に各1台)の、合計6台のモニター・マルチビジョンにてスポット広告を放映

地下広場
交差点広場(3カ所):広い空間で比較的大規模な効果的な催しが可能

憩いの空間
生活者との距離が近く、密接なコミュニケーションが行えます。

官公庁広告

信用のある市役所・道庁へ信頼される広告を。
職員へのアプローチ手段としても有効。

↓

多くの市民や企業が訪れる市役所や北海道庁などの官公庁施設でできる広告です。エレベーター広告やロビーでのポスター掲出、ホームページのバナー広告など、さまざまな広告枠が設けられています。また、公官庁施設で働き、安定した所得を持つ職員の方々は広告のターゲットとしても魅力的。職員の給与明細裏面を使った広告もあります。

北海道庁
・本庁舎・別館エレベーター広告
・ロビーポスター・パンフレットケース
・道職員給与支給明細書
・自動車税納税通知書封筒
・広報紙「ほっかいどう」
・道職員採用情報パンフレット
・公式ウェブサイトバナー広告

その他
施設の命名権を売買する「ネーミングライツ」も官公庁広告のひとつです。

広報さっぽろ

札幌市内のほぼ全世帯に配布される札幌市の広報誌

↓

「広報さっぽろ」は札幌市が発行し、市内全域各世帯に無料配布されている閲読率の高い広報誌です。発行部数は約102万部で各町内会などの協力により、市内のほぼ全世帯(約932,000世帯)に配布されています(2017年2月1日時点)。また、札幌市が発行している為、他一般誌とは違い、市民から信頼度の高い冊子と認められており、イベントや施設の情報など、暮らしに密着した情報も提供しています。

フリーペーパー

より地域の暮らしに密着した宣伝・アピールを。 クチコミでの広まりにも期待。

↓

街頭配布や宅配などでエンドユーザーに届けられるフリーペーパー。飲食店、ファッション、観光、主婦向け、学生向け、子育てママ向け、エリア限定版…数えきれないほどのフリーペーパーが発行されているので、目的に合わせた媒体選択が重要になります。

「さぷりぶ」(発行部数:隔月93,000部)
札幌の分譲マンション専門フリーペーパー。札幌市全10区の分譲マンションに暮らす7万世帯の方々へ、暮らしの情報をお届けする生活情報紙です。30代~40代の主婦層に多く読まれています。

「オントナ」(発行部数:毎週200,043部)
毎週水曜日北海道新聞夕刊に、折り込みされている女性せいかつ情報紙です。札幌市をはじめ、石狩市、北広島市、江別市、千歳市、恵庭市、当別町、岩見沢市、南幌町に配布。女性たちの気持ちに応える生活情報紙です。年齢や目的に合わせたグルメ、ファッション、旅行など、生活に役立つ身近な情報を発信しています。

「さっぽろシティライフ」(発行部数:隔週56,388部)
札幌のオフィスで働く、女性のための情報誌。毎月2回、オフィス約6,500社にお届け。OLの声がつくる、OLのための情報誌!読者の多くは20~30代のOL。札幌のOLに最も多く読まれている情報誌です。

「Refine」(発行部数:毎月100,000部)
札幌の20代~50代の女性が気になるテーマにスポットを当てた情報を紹介しています。美容を目的とした店舗と飲食店約120軒のお得なクーポン付店舗情報満載!

「non rouge」(発行部数:毎月125,000部)
「rouge」は口紅の意であり、キュートでセクシーな女性を象徴。「non」を付けることで、「素顔の」「本音の」という気持ちを込めました。30~40代のもっと輝きたい女性に向けて、最新美容情報をわかりやすく伝えます。

「The JR Hokkaido」(発行部数:毎月100,000部)
旅の情報誌「THE JR Hokkaido」は、北海道の歴史、文化、人、道内各地の逸品など多彩な北海道の魅力を伝える特急車両の車内情報誌!限られた車内空間で多くの人に訴求できる媒体です。

「GAKUWARI!!!」(発行部数:季刊35,000部)
学生だけの特権!「学割」を切り口にした学生向け媒体!ダイレクトレスポンスが可能な学生情報誌。

「おしゃべりBOX」(発行部数:毎月260,000部)
毎月26万部を札幌・小樽・千歳・恵庭・石狩などに無料配布!創刊24年の実績でフリーペーパーの草分け的な存在!読者層が消費に敏感なOL・主婦層を中心とした毎日の生活に“楽しい”をプラスする情報誌です。

「FLYING POSTMAN PRESS」(発行部数:毎月50,000部)
音楽・映画作品などエンターテインメント情報の紹介、アーティストインタビューなどアクティブで高感度な人のためにエンターテインメントをナビゲートします。

クルールさっぽろ

ママライフをもっと楽しむための応援マガジン

↓

ママたちに役立つ情報を隔月情報誌で発行!料理から気になるアイテムまでクルールがお助けします。子育てや日々の暮らしが、もっとハッピーになるようにフリーペーパー&情報サイトで、ママたちが知りたいことママたちがうれしい情報を伝えていきます。北海道では、 札幌版、函館版の2地域で発行しています。
(発行部数:50,000部、※奇数月発行)

「クルールさっぽろ」ウェブサイト:https://sapporo.couleur-mama.net/