札幌広告のポイント

北海道の札幌で広告出稿を考える上では、
札幌ならではの特徴を理解することがとても重要で、
広告効果を左右します。

大通りテレビ塔風景

札幌は多くの面で
北海道の中心

北海道の面積は約83,450平方㎢(九州の約2倍の面積)その中で札幌市の面積は約1,121平方キロメートルで北海道の約1.5%ですが、人口は195万人で全道の約35%、都市圏人口となると約半分を占めています。
札幌市では北海道GDPの40%の約7兆円を占めてい流ように、北海道経済の中心でもあり、政治、産業、文化など多くの面で中心となっています。

狸小路風景

札幌の生活とは?

広い土地であるがゆえに日常生活には自動車が欠かせなく、1人に1台という世帯も少なくありません。通勤通学も自動車という人が多いですが、地下鉄やJRなどの公共交通機関を使う人も少なくありません。
札幌の気候は1年の約半分は雪が降るという街で200万人都市で豪雪地域であるというのは世界的に見ても珍しいことです。

人が集まる
札幌駅・大通公園エリア

札幌中心部は平日の昼間人口が多いのはもちろんですが、商業施設が札幌駅周辺や大通公園周辺に点在しており、休日に訪れる人も非常に多いです。
2011年に完成した、札幌駅と大通を結ぶ地下歩行空間により中心部の移動がしやすくなった事や再開発などもあり今後一層中心部に人が集まりやすくなります。

札幌駅前南口

札幌における
効果的な広告とは?

札幌では生活の中で多くの人の目に触れる交通広告も多数あります。マスメディアのテレビは0局、新聞は北海道新聞の購読者が00%と大半を占めていたり、車社会の北海道ならではですがラジヲを聞く人も多くいたりと、首都圏や全国とは異なる札幌独自の広告を駆使する必要があります。

MEDIA

札幌のメディアはこれで網羅!